オーダーメイドで作る業者|オリTをイケてるデザインにプロデュース

気の上に置かれたスマホケース

デザインを決める

カタログを見ることで、みんなが満足できるクラスTシャツを作成することができます!こちらは創業38年の実績があるからおすすめです。

デザインの取り入れ方を決める方法

スムーズにサッカーユニフォームのオーダー手続きを進めるには、加工方法や素材選びと言った様々な点で適切な選択をしていく必要があります。色々と細かい仕様に関する情報が出てくると悩んでしまいがちですが、初歩的な部分だけ知っておけば迷いなく選べるようになります。例えば、サッカーユニフォームのオーダーではエンブレムやマーク部分をラバープリントにするか刺繍にするかと言った選択が出て来ます。無難な方を選ぶとすれば、多くの場所で採用されているラバータイプなのですが、これはペタリと上から貼り付けているだけなので耐久性に優れないデメリットがあります。表現力も刺繍タイプより乏しい部分もあり、どちらも良い面・悪い面を持ち合わせています。洗濯落ちを出来るだけ防ぎたいなら刺繍、無難にシンプルなもので良い場合はラバータイプと言った選び方をして下さい。

さり気ない細かなオシャレで違いを見せたい人に人気

サッカーユニフォームをオーダーする人達はもちろん、個性的で他にはないようなセンスあるものを求めて業者に依頼します。ただ単に決められた方式に則って適当に決定するのではなく、自分達のアイデアもしっかりと取り入れてくれる、柔軟性のある業者が人気です。細かい部分まで色やマークに拘ることで、ちょっとした差が個性やオシャレ感を生みだしてくれるため、それを求めてサッカーユニフォームをオーダーするわけです。襟だけでもその形だけでなく色にも拘る事で、様々な箇所で表現を取り入れて行く事が出来ます。前のフロント部分やバックプリントに留まらず、肩口の袖部分にプリントを施したり、靴下にまで拘る人もいます。大きなオシャレよりも、小さくさり気ない部分で違いを見せる事がカッコ良いと思う人が多いのです。

GALLERY

世界で一つのシャツ

プリントTシャツは意外と簡単に自分でも作ることが出来ます。業者に依頼して作るのも良いですし、自分で印刷するという手もあります。世界で一枚だけのTシャツを作ることも出来ますから記念としてはとても良いかもしれません。

詳細を見る

オリジナルを作る

オリジナルのプリントTシャツを作りたいと考えたとき、業者に依頼して作ってもらう方法があります。それにより仲間意識が高まるという効果がありますが、自分達で作るという方法もあります。

詳細を見る

ホームページで注文

現在オリジナルで刺繍を入れたいという場合、インターネット上でも気軽に刺繍を行うことが可能です。文字以外にも絵を入れることやロゴマークを入れることも可能です。発注の数が多いほど割安になります。

詳細を見る

GALLERY

楽しめる

何の知識もなくても自分だけのTシャツを作ることが出来ます。印刷会社へ依頼すればデザインを起こしてくれることもありますし、プリントの方法やTシャツの素材などたくさんのカスタムが用意されています。

詳細を見る

今すぐ

スポーツや文化祭やサークル活動でどうしても必要となる商品にユニフォームがありますが、これは印刷会社へ依頼することによって非常に簡単な形で制作できるようになっています。

詳細を見る

↑ PAGE TOP